midunolog

@midunoiroの備忘録です。

「優雅な歌声が最高の復讐である」

「優雅な歌声が最高の復讐である」を読んだ。

優雅な歌声が最高の復讐である (電撃文庫)

優雅な歌声が最高の復讐である (電撃文庫)


タイトルがキレてますよね。電撃文庫とは思わなかったな…
こちらの記事を見て、気になって買いました。

yocchi.hatenablog.com


素晴らしいタイトルからは想像できないのですが、内容自体はひと夏にかけてのボーイ・ミーツ・ガールでした。
約370pほどのライトノベルと言うには厚いほうなボリューム感で、しっかり読もうとすると結構時間がかかるかもしれません。
本作は、「歌」と「サッカー」に関する話題が多く、とりわけその「技法」にスポットのあたる場面が目立ちます。著者の趣味なのか、かなり凝ったところまで解説をしており、それらは作中のキャラクターやシーンの描写などでたびたび語られます。そのせいか、知らないカタカナの用語が1p中に幾種類も登場し、目が飛ぶことが何度かあったのが印象に残っています。

展開はもうまさしくボーイ・ミーツ・ガールとしか言いようのないものでした。わかりますか、わからなければ読みましょう。
本作ではイベントごとに章をわけて展開していることから、どうしてもイベント自体の過程を深く描写するような場面は少ないのですが、それが逆に小気味よいリズムを生んでいるとも言え、一冊で「ひと夏の体験」をうまく纏めていたように思えます。
作中キャラクターの過去の描写を挟むタイミングも、現在の読者が読んでいるタイミングを意識して(意図的にタイムラインを調整して)おり、それでいて綺麗に理解できるようにハマっていたのがお上手だなと思いました。

イラストレーションは、良く言えば繊細で、もう少し思ったままに言えば相当淡白なタイプの表現でした。
故に、表紙の印象から想像していたような小説の内容とは異っていましたが、最後まで読んでみると、あぁなるほどこれもまたある側面を丁寧に表現しているように見えるなと言うのが感想です。
あと、挿絵枚数が少ないのも特徴と言えるかもしれません。

要所要所で引っかかる点はあったものの、幕の下ろし方やお手本的な展開の魅せ方、合間に見えるキャラ設定に起因する言動の自然さなど、細かい点が整っていて後半からは、ぐっと集中して読んでしまいました。いうて結構ボリュームありますからね、3.5時間くらいかかった気がします。

気になってまた読み返すタイプの作品だなぁと思い、本棚にそっと追加しておいてから感想メモを書いています。二回目を通してみるのが少し楽しみだなぁ。

本の読み方

小説を読んだ。  

だいたい300pくらいだと2時間くらいで読めるなと思ってたけど、同じ単語が出てきたり、地の文が5行以上続くような箇所は目を飛ばしてて、その部分だけ“見てる”って感じの読み方してた。どうも自分はそういう風に本を読むらしい。

 

例えば、学校生活の国語の授業やテストなんかでは本文が全て書かれてから設問が来たりすることがあると思うんだけど、そういう時も同じ読み方してた気がする。  

基本的には頭から全部読み始めるけど、脳内で差別化が難しい文章は一旦目で飛ばしつつ、出てきた単語だけブクマして、あとで必要あれば場所記憶から参照する感じ。既読から未読を逆算するイメージ。

 

先日まとめ記事か何かでこの手の話題を見たので、今日は少し意識しながら読んでみたところ、どうも自分は文章を視覚的に読むタイプで(視覚的なら見ると言うのが正しいのかな)、頭の中で台詞を音読して音として認識するタイプではないようだった。

 

---

 

ちなみに、読んだのはこの作品。  

ライトミステリって感じで、単行本完結なので帰省中でもサクッと読めて良かったです。

彼女のL ~嘘つきたちの攻防戦~ (ファミ通文庫)

彼女のL ~嘘つきたちの攻防戦~ (ファミ通文庫)

 

 

 

pplog

pplog - ゆるふわインターネットにポエムを刻もう

 

個人的にめっちゃいいサービスで、気軽にランダムで知らない人の日記読めるのが良い。  

各人内容がとにかくバラバラのノンジャンルで、長さもバラバラ。主義主張もあったりなかったり、低俗なのから高尚な内容まで本当にごった煮で面白い。  

ポエムという言葉の定義にやや不満はあるものの、予想していたものよりずっと面白かった。

 

読者側のリアクションも、読んだよっていう報告と、本文中の引用(?)しかできないようになってて良い。この塩梅は絶妙。

 

1日限定のテキスト投稿ツールだとおもってたけど、読むほうがずっと楽しくて、知ってる人や見たことある人もランダムでちらほら出てくるけど、ランダムで読めたり読めなかったりするのが面白いと思ってるので購読はしていない。

 

最近では、新学期になってクラスのメンバーと担任の先生と隣の席の子の話を書いてるひとの投稿を楽しみにしている。

 

 

鉄塔

いつも歩く通りの一角から家が無くなってて、多分取り壊ししたか、今まで意識してなかったかとかだと思うんだけど、

その空いたスペースから電線用の鉄塔が見えるようになった。  

鉄塔、間近で見たらめちゃめちゃ高くてすごいスケール感がある。遠目に見ても太めの電線が何本も繋がれててテクい。鉄塔とかいうバカでかいオブジェが急に現れたのにもビックリしたけど、そのバカでかいオブジェに生活インフラが委ねられてる状態に自覚的になった一瞬が面白かった。    

こんなこと書いたけど、明日になったら別に気にせず生活してそうなのもまた良い。

ヘッドホンわからん

生活の中ではずっとイヤホンしてて、ヘッドホンをあまり使ったことがない。
メガネなのと、頭頂部がぺったんこになるのが嫌で学生時代に使ってなかったんだけど、最近では、一個いいヘッドホン買って2,3年くらい使えないかなーと思っている。

先日ゲームしてたときにふと、美少女の声聞くのに安物のイヤホンではもったいない気がしてしまってからヘッドホンが徐々に気になっており、しかし最初に一体何買えばええんやという状態。
たまーに店頭で見るSONYはプロダクトの見た目的に好きなんだけど、ややオーバースペックな気がしている。ノイズキャンセリングもいい加減浸透してきて、バカ高いものでなければそれなりのがついてると勝手に思っているけどどうなんだろう。昔使ってたNCイヤホンはサーーーーーーーーッッッッッッって音がして耳障りなのと、レシーバー?が別でついてて重くて(単4いれるやつ)使うの諦めてしまった。

見た目期にする以上は結局好みの問題なんだけど、自分がいままで触れてなかったものという意味でもヘッドホンデビューしてみたいお気持ちがある。没頭して曲聴きたい。

主人公が自分じゃないこと

VA-11 Hall-Aもそうだったけど、読み手が主人公の視点で進むのに、物語が進むにつれて次第にその主人公に関する事実が紐解かれていって、最終的に物語の主人公から主役になる作品が好きみたい。

 

各キャラクターとのやり取りの中から少しずつ事実が明らかになっていて、読んでいる自分がだんだん主人公視点から、完全な第三者になっていくやつ。

主人公は主人公であって、読み手である自分ではないんですよね。  

 

エロゲをはじめとしたノベルタイプのPCゲームやってると、どうしても主人公が自分のアバターになっている気分になるけど、事実主人公自体は今まさに読んでる話の中のキャラクターであって、間違いなく自分じゃないんですよね。

 

そういうタイプの話がすきなので、自分としては恋愛シュミレーションよりも、ノベルゲームの方が好みなのかも知れない。

 

ヒロインはみんな可愛いけど、主人公のことを好きな時のヒロインが一番キャラとしてかわいいんですよ。ご理解いただけただろうか…