midunolog

@midunoiroの備忘録です。

入院

こんなことを書いたら怒られるかもしれないけど、漠然と入院したいなと思うことがある。

まだ小学生のころ、インフルエンザか何かで1週間だけ入院したことがあった。なぜか、覚えていることと事実に相違がある不思議な入院で、インフルエンザじゃなくてもっとなにか別の病気だった気もするし、1週間じゃなくて1ヶ月弱だった覚えがある(確認したらそんなことはなかった)

当時は全く学校に行きたくなくて、小学生活は全然いいことがなくて、毎日早く学校が終われと思っていた。 そんなときに入院したものだから、体感時間が誤魔化されていたのかもしれない。入院していたときは点滴を打たれて、一日中ベットから動けなくて、窓も近くなかったのでずっと天井を見ていた記憶がある。ゲームのある家庭じゃなかったし、テレビも好んで見ていなかったので、今となっては何をしていたか覚えていない。 ただ、退屈だったなんてことは全然なくて、このまま治らなければ、ずっと寝ていられるのかなーと思っていた。普通に学校に行くのも嫌だったし、長期休み明けに行くのはもっと嫌だった。

白いベットで、美味しくない、けど食べ切れる量で、しかも残しても許される昼食というのはかなりの非日常で、入院中の1日は長い1日だったけれど、学校の6時間分の授業時間よりはるかに短い気もしていた。当時のストレスのいくつかの要素が、入院することで解消されていた。以前から何度かバレバレの仮病で学校を回避していたぼくにとって、病気というしょうがない理由で何も後ろめたいことなく休める病院はいいところだった。

この入院が、記憶にある中では最初で最後の入院であり、これ移行は大きな怪我や体調不良もなく身体は健康に生活できている。 でも、たまにこのことを思い出して、漠然と静かな場所で養生したくなる。3日とか、1週間とかじゃなくて、3ヶ月とか半年くらい。 よくある、長年勤めた会社をやめて、3ヶ月くらいガッと旅に行くような感覚だろうか。そういう気持ちが自分の中にある。


最近文章を書いてなかったなぁと思って、別ブログで日報的な日記を始めた。まとまってない気持ちをアーカイブできる場所がほしいなと思って作った。 さっきその日記を書き終えてから、なんとなくブックマークしてた好きな日記を読んでて思ったのが、「これインターネットにあるテキストだから、入院している人でも読めるんだよな」ってことだった。

自分の日記書いてるうちは、読まれるのはまぁTwitter経由くらいかなーとか思ってたんだけど、たまーに謎のアクセス数が入るときがあって、そういうときに一体誰が読んでいるのかな。と思うことがある。これはインターネットにあるテキストなので、環境さえあれば入院していても読めるし、山に篭っていても読める。小学生でも、90歳を越えた方でも読める。読める、、読むことができるというのはたいへん良いことで、そういう方の目に入るかもしれないと思って日記を見返したら、ちょっとわくわくした。

ぼくはいま、漠然と入院したいなと思っているけど、他の人はどんなこと考えているのか知りたい。

FireTV stickで過ごす

一ヶ月ちょっと前にFireTV stick 買ってずっと使っている。

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

Amazon Primeに入ってないので、主にNetflixでアニメ見るかYoutubeとニコニコでラジオやゲーム動画見たりしている。
最近はアニメ見て無かったので、昔のアニメを一気見したりして気持ちをヤッていた。「とらドラ!」とか「となりの怪物くん」とかそういうやつですね。エモい恋愛系どんどん摂取していきたい。

FireTV stick自体はサクサク動くので便利に使えている。唯一困るのが検索時の文字入力の体験が良くない点だけれど、これは音声検索とかアプリキーボードなどで対処できた。
どちらかというとFireTV stick用にチューニングされていないアプリの方に問題を感じている。具体的にはNetflixYoutubeなどは普通に使えたがニコニコは体験が良く無かった。このあたりはWebの体験からそのままな気がしている。
ただ、大画面で動画をサクサク見られる事自体はかなり体験が良くて気に入っている。デカいことはいいことだ。

連休のようす

今日は起きたところ、台風が通り過ぎており快晴だった。

とりあえず敬老の日なので、祖父母へ電話して少し話してから布団と枕を干した。なんせ天気が良かったから気分も良くなって、それでどこか行きたいなーなんて考えながらソファに横たわっていたところ昼寝してた。14時〜18時でガッツリ。

前日までに部屋の掃除は終わらせており、持ち帰るような仕事も無く、友人と食事などのイベントも済ませておいたので、残るイベントは「本人のやりたいこと」をやるだけだった。

結果的にちょっと勿体無いかなぁという気持ちになったりもしたけど、連休で勿体無いと思うなら、普通の土日ではもっと勿体無いと思うことになる。連休で良かったのだ。

とはいえ寝ていただけでは味気ないのも事実なので、近所の行ったことない店に夕食を採りにいくことにした。

うどん屋さんに入ったんだけど、事前調べた「近所の親戚の家みたい」「普通の味」というのがいい意味でそのままで、フロアをおばちゃんたちが切り盛りする定食屋っぽい感じだった。店内には老夫婦や家族連れ、ビールと唐揚げで一杯やっているおじいさん、孫とおばあさんなどがいらっしゃって、とにかく人間性が保たれる雰囲気があった。特に僕の前の席にいた、孫とおばあさんの、お孫さんの方はたくさん食べておりたいへん良かった。たくさん食べてすくすく育って欲しい。連休最後にいいお店を見つけられて良かった。

ぼくの連休はこんな感じでした。特に大きなことはしてないけど、穏やかに心身の健康が保たれ有意義であった気がする。

日記の置き方

日記書いた旨をツイートすると、ありがたいことにいつもよりたくさんの人に読まれるんだけれど、どこか自分の中には他のプラットフォームで共有したくない思いがある。 いや、共有したくないというのはちょっと言い過ぎた。以前より進んで共有することをしなくなったと言ったほうがあっている。

日記に限らずInstagramとかでもそうで、最近はTwitter共有をあまり積極的に使っていない。(普通のネットニュースなどは共有している)

なんというか、もちろん書いたからには読んで貰いたいのだけれど、積極的に読んで欲しいというよりは読みに来て欲しいという感じが近いのかもしれない。
書いた日記はいつものとこに置いておいたので、よければご覧下さい。というイメージ。

なにより、自分がそういうソッと置いてある日記を読むのが好きで、そういう日記は何かそれなりの理由があるものや、共有する程のことでもない単なる日常的な内容であることが多い。
ぼくはそれら特有の心情表現に深みがあるところや肩肘張ってない感じが好きなので、自分でこうして日記を書いてるときもそういう日記の存在を思い出しては、真似してなんとなく共有したくない気持ちになっている。

最近思ったこと

入社してから初めて話す人たちに必ず「彼女はいるの?」と聞かれているんですが(私は男性です)、これがなんというかカルチャーショックでした。

何かのセーフティか、過去に何かあったか、雑談のつかみの一種なのか。その背景は知りませんが、最近身内でもこの手の話題が頻出しているので、恐らく「結婚」が、3〜5年後に来る次の社会的フェーズなのかなぁ、とか、そんなことを考えてました。

加えて言うと、「彼女(ないし、彼氏)」という聞き方について、受け手が所謂LGBTである可能性も考慮する必要があると感じました。浸透していないのでいまいち使いにくいですが、「パートナー」的な言い回しを用意しておきたいですね。ぼくは前述した、所謂LGBTではありませんが、ぼく自身が誰かに同様の質問をする立場になったときに、意図せず相手を傷つけることの無いようにしたいなと、そんなことを思いました。

23歳になりました

8/24は誕生日なので23歳になりました。  

今年は何もしてない時とめちゃくちゃ忙しい時の差が大きい1年でした。
あと、社会人化したので人間関係が大きく変化しました。さらにその関係で住まいを東京都に移したので、生活環境の面でも大きく変化しています。
東京近辺にいらっしゃる方、機会がありましたらお茶や食事などいたしましょう。 ちなみに、ここ最近の流れについては3つくらい前の記事に書いてます。

例年誕生日エントリを書くときは必ず去年以降の日記を読み返すのですが、去年と変わったところは前述したような外的環境ばかりで、内面では大差が無いなぁというのが正直なところです。
まぁ環境が変わったのが1ヶ月前からなので、感覚的にはまだ1年が始まったばっかりなんですよね…

あとは、ブログを書く場所をはてなブログに引っ越しました。
例年と比べてもそんなにペース変わってませんが、便利機能のおかげでtumblr時代より頑張らずに書けるので、書くこと自体へのハードルが下がって精神衛生上よいです。
なんかもっと1年をちゃんと振り返ったり、先の抱負とか書ければと思ったんですが、筆が進まないので、そのあたりは追々書ければと…
そんな感じで、これからも他愛のないことを気が乗ったタイミングで書いていければなーと思います。

今年もインターネットを通してたくさんの方々と交流をさせていただきました。本当にありがたいことです。よかったら今年も仲良くしてください。よろしくお願いします。

コミケに初参加した

先週、「コミックマーケット」に初めて参加した。
コミックマーケットというのは年2回行われる最大規模の同人誌即売会イベントのことです。今回はコミックマーケット92(C92)にサークルのお手伝い(所謂売り子)として参加した。

ぼくはオタクなのでコミックマーケット自体は何年も前から知っていたけど、参加した事がなかった。そもそも即売会自体、小規模なもの且つ1度しか参加した事がなかったし、それも去年の話である。

幸い、サークルのお手伝いということでサークルチケットを用いたサークル入場で会場入りできた。夏の参加は気温の面が心配だったけれど、集合してからも特に待つことなくスムーズで大変助かった…

搬入・搬出と売り子、店番などをしていたので基本的にはブースにいたのだけれど、一度休憩いただいたときに1時間ほど会場を回ることができた。そこで初めて同人誌を会場で買う体験をして、大変テンションが上がった。

売り子している間、ちょくちょく知り合いの方や、ぼくが一方的に存じ上げている方がいらしてて、普段インターネットで見てる人が現実で観測できるのがコミケっぽかったなぁと思う。いや、当たり前だけど。そういう感覚あるじゃないですか。
で、そういう人たちがいらっしゃると、サークル主宰とお話されるので、買いに来た方とのやりとりは、ぼくが担当することになる。後半1時間ほどサークル主宰のお二人が挨拶回りに行かれた時もぼくが店番してたのだけれど、こういうときに地味に役に立てた感があって良かった。
作業内容だけ見ると、単に座って本売ってただけとも言えるんだけど、でも、創作物を買いに来る人たちの傾向を知れたり、おまけステッカー見て笑顔になってくれた人たちと出会えたのが良かった。そういうコミックマーケットにおける、創作物やそれに関するやりとりを体験ができたのがすごく有り難かった。
ちなみに、当日はサークルロゴのTシャツを着て売り子してたんだけど、「そのTシャツかわいいですね。どこで売ってるんですか?」と聞かれたのがとても印象に残っている。わかりやすくて目立つから着ていこうと思ってたくらいで、まさかTシャツ自体について尋ねられるとは思ってなかったので意外だったし嬉しかった。
ちなみにTシャツはこちらから買えます。
正直この記事読んでるとは思ってないけど、実は同じこと思ってた人や、以後同じことがあった時のためにインターネットに残しておくことにする。ちなみにTシャツ以外にもいろいろあります🙏🏻suzuriのグッズは生地ちゃんとしてるので良いですよ。

suzuri.jp

グッズの話になってしまった。話を戻すと、非常に貴重な体験ができて良かったということが言いたかった。何かを作る人や、それを求めて訪れる人たちのそれぞれにエネルギーがあって、それを間近に見て知れたことが貴重な体験でした。今回は売り子だったので、今度は完全に参加者としてガッツリコミケ会場回るみたいな体験もしてみたいし、自分でサークル参加するのもいつかやってみたいと思う。