midunolog

@midunoiroの備忘録です。

24

こんにちは。みづいろです。
お元気ですか。

最近のぼくのまわり(の人)では、友人の入学・退職・転職、家族の葬儀や結婚、親友が音楽活動を頑張っていたり、インターネットの人と会話したりしています。ぼく自身のまわりは、非常に様々な外的な環境の変化があって、その変化にぼく自身が適応できていない状態です。適応できていないというのは、なんとなくどうでもいい感覚があるからで、いうなればそれは、自分ごととして捉えていないからなのだと思います。
折に触れてこういうふわっとした文章を書きがちなんですが、まぁ詳しい話を書いても仕方ないし、至極ありふれた社会性のある話題をこんな場所でしなくていいじゃないかという思想なので、具体的な話については、飲みに行ったりお茶しに行きましょう。

たしか8月の3週目、お盆に実家に帰ったときに、自分がなにをしたかったのかをすごく考え混んじゃって、気持ち悪くなったことがありました。行動動機が「すきだから」でやっていることとか「やりたいこと」が、今の自分にはどのくらいあるんだろう?って思って、勝手に滅入ってました。そういう状態です。そのときに生成した闇ポエムはまだ下書きにあります。オープンなインターネットに放流するにはまだ気が重い…

さて、今年のコンテンツをざっと振り返ります。全然日記に書けなかったな…とはいえ、特にぼく自身にコンテンツがないので、出来事と感想だけになりますが。
まずは姉が結婚しました。そして従兄弟も結婚してました。めでたい。と、思ったら友人も結婚しました。すごいや。めでたい。ことしはライフイベントが本当に多かった。それでいうと、祖父が亡くなったのも今年でした。身内の冠婚葬祭が一気にガッと来て、ここ数年で一番、家族というコミュニティーを意識しました。いろいろお疲れ様です。
次は携帯を変えました。まだ届いてないんですけど。4年間ずっとiPhone6で、ついに寿命がきたので新型機に変えることにしました。お疲れ様です。
あとは、イベントでお話しました。参加じゃなくて登壇するやつね。かなりアドリブな内容だったのでしんどかった…いい経験でした。が、これは手を挙げたものじゃなくて予定ぶち込み型だったので、もうやりたくないかな。お疲れ様です。
他には、また、絵を描ける環境を整えました。PCのまわりの話ですが。この前すこーしイラストトレースして、やっぱ楽しいなって思ってたところです。毎年繰り返してますが、リハビリみたいなものなので、またかよって感じで流してください。

ほかには、、全然昔の記憶が無いな…あ、いや、あれだ。「VA-11 Hall-A」というゲームをやりました。ほぼテキストアドベンチャーなんですが、空気感がすっっごい自分に合ってて、最高でした。Your Love is a drugがすきです。
あとそうだな、PS4のフリープレイでBloodborneっていう気持ち悪い敵+格好良いアクションみたいなゲームがあるんですが、その関係で「幼年期の終わり」というドSF小説を読みました。正直よくわからんかったけど本をがっつり読めて楽しかったなぁ。今のご時世は感想や考察、解説を検索できるから便利ですね。SFもいいものだ。ちなみに今は「読書について」という本を読み始めたところです(SFじゃないです)。めっちゃ薄くてビビる。

それと、コミケに初めて一般参加しました。以前はお手伝いの関係でサークル入場させてもらったことがあるんですが、一般参加の夏の東ホールへの連絡通路やばいですね。人体サウナをティッシュ1枚で乗り切った(乗り切れてない)ときは死ぬかと思った。参加された方、お疲れ様でした。

ゲームでまだ書いてないことありました。スプラトゥーンDLC、オクトエキスパンションを買って、クリアしました。面白かったし、ホントに難しかった…コントローラーをクッションに叩きつけるやつ初めてやったんですけど、でも、全体的に良くて、ED見てる最中に感動して開発者の知人にありがとうって連絡しました。ありがとう。

ところでゲームと言うと18禁ADVゲームがありますね。エロゲの話なんですけど。今年プレイした中では特に記憶に残ってるのが2本あって、「向日葵の教会と長い夏休み」「ノラと皇女と野良猫ハート」です。前者は特定の、trueともいえるルートで泣いてしまった…まだ泣ける歳なんで。それでもって後者はギャグジャンルなんですが、体験版の時点で本当に腹抱えて笑ったので、オリジナルギャグで笑いたい人にはオススメです。面白かったというより楽しかったというのが感想でした。

日記をサボった分を一気に書いたので、オタク的早口で駆け抜けてしまった‥せっかくなので、この先のことも少し。

こんど九州に遊びに行きます。福岡付近に泊まるんですが、全然詳しくなくてなにすればええんや…というお気持ち。以前東京観光したときも庭か神社と展示しか見に行ってないし、同じ流れになりそう。とりあえず大宰府へは行きますが、のんびりしたいですね。

さらにこれからのことについては、ここなり日報なりで書くので、本日分はこのくらいで…


手紙調に書くのもいいですね。誰に宛ててるわけでもないんですが、毎回これ関連のエントリは敬体にしているので合うのかもしれない。
さて、今年はだいぶ遅刻してしまいましたが、また1年、よろしくしてくださる方はよろしくお願いします。midunoiroでインターネットやってますので、よければ適当に覗いてみてください。

もう秋なので、窓を開けたら雨が降ったあとの涼しい風が入ってきて気持ちがよくって、そんな気分でキーボードを叩いています。
2018年08月24日に24歳になりました。

誕生日

今日9月3日はぼくの1番好きな作品の、1番好きなキャラクターの誕生日。

だからといって別に何かするわけでもないけど、なるべく毎年、この日は原作ゲームの該当ルートをプレイするようにしている。(御察しの通り18禁恋愛ADVゲームです)

冒頭に1番好きなゲームとか言ったけど、実は年に2、3回くらいしか起動してなくて、毎回起動画面のBGMとマウスカーソルをhoverしたときのSEを聞いた瞬間にウッとくるものがある。思えば随分年をとった…

自分の誕生日の日記を書いてないのに好きなキャラクターの誕生日についてはすぐに書けるのはなんでだろう。

もう5年も年上になってしまったけど、未だに作品として好きで楽しめてるのは幸せでオタク冥利につきると思う。


以前の記事に書いたやつ思い出したので貼っておきます。この投稿、個人的に気に入っている。

そもそも18歳以上対象の作品なのに、ぼくの好きなキャラが推定19歳なのがしんどい。最速プレイでも1年後は同い年で2年後は年上ですよ。毎年誕生日を覚えて祝っているのに、年々しんどい。もっと猶予をくれ。


いまプレイしてて気づいたんだけど、このキャラクターのルートに入る分岐点の日付が9月3日だった…まだこんな発見があるとは…

電卓

ぼくは電卓使って計算するとき、いつも直前に入力した数字を間違えていないか不安になって、5回くらい同じ計算をしている。

お金の勘定なんかは特にミスできないぶん毎回不安になるので、Macのspotlight機能に計算式を入力して計算している。
こうすると、全ての数字が見えて安心できるので良い。

先ほども、銀行の人が軽快に電卓たたく様子みて、自分が間違えてないと思わないのかなぁ…と思って見ていた。

なぜ電卓には計算式が見えないようになってるものがほとんどなんだろう?理由が知りたい。
全部表示しろとは言わないけれど、直前の数字と演算記号は表示しておいてほしいと常々思っている。

アイコン

Yahooニュースのアプリアイコンが新聞だったので少し思ったのだけれど、新聞が無くなったら次はどんなアイコンになるんだろう。
新聞の代替って何だろう。ニュースアプリのレイアウトっぽいアイコンになるんだろうか?

同じように、既にフロッピーアイコンが保存でなくなったように。電話のアイコンが据え置き機のそれの形でなくなったように。
てか連絡帳ってなに?え?昔そういうのが実際にあったの?みたいな、象徴としてのアイコンが時代によって機能しなくなる現象に対して、これからどのような感じになって行くのか気になっている。

実家がタブレットを買おうとしていて、まぁたぶん使い方教える時に「この形をしたボタンみたいなの押してね」って言うと思うんだけど、それが通用しなくなる未来が見えててやや不安

1年後にゲームやる

ぼくはゲームを始めるタイミングが遅い。
気になるゲームをリリース日に買うみたいなことあんまり無くて、ここ数年で遊んだゲームだと、だいたい3ヶ月後〜1年以上後になってからプレイしている。
こんなことになってる理由はちゃんとあって、それは事前に自分の苦手なホラーやグロテスク、スプラッタといったR18G要素が無いか(あったとしてどの程度か)を確認しているからである。要はネタバレを確認している。
ネタバレしたらつまらんだろというご意見はもっともなんだけど、トラウマを生まないためには仕方ないと割り切っているのと、あと、ゲームの内容を知るのと実際に体験するのは別物だと思っているので、そんなに勿体ない感じはしてない。
とはいえ、この辺普通じゃない感じはちゃんとあって、もちろんぼくも内容がR18Gっぽくなければネタバレ無しでやりたい。学園恋愛ファンタジーとかR18Gがなさそうなやつは全力でネタバレを回避していきます。


最近スプラトゥーン2を買ったのでこういう日記を書きました。きょうヒーローモード終わった。

いい記事

いい記事を見つけたときに、スターを押して、ブックマークして、それから最後に「読者になる」を押すかどうか迷う。
インターネットを適当にさまよって、それで偶然出会った〜みたいな文脈のほうがなんだかロマンティックで記憶に残る気がしているので、なんとなくそのままそっとページを閉じることが多い。
いい文章をずっと見ていたいんじゃなくて、いい文章に出会う体験をずっとしたいんだと思う。
無限に恋愛してたいというワードが浮かんだが、そんなに遠くない表現な気がしている。